臨床検査

臨床検査

1.尿・糞便等検査

1.尿・糞便等検査 血液中の老廃物が腎臓から濾過された尿を材料として、その成分を調べるのが尿一般検査です。
尿一般検査には、尿中の蛋白・糖・ケトン体などを調べる尿定性検査と尿中有形成分を顕微鏡で観察する尿沈渣検査があります。
尿定性検査で腎・尿路系に何らかの病的症状が認められるときに、尿沈渣検査が行なわれます。尿を調べることで、主に腎臓・尿路系疾患の異常を発見することができます。
糞便検査は、便の性状を調べることによって、炎症や出血、寄生虫などの有無とその程度を知ることができます。










ページトップへ

株式会社 江東微生物研究所