環境衛生検査

放射能検査

食品等の安全性確認のために放射能検査を受託いたします。

■測定対象試料(飲料水、牛肉、米、野菜、果物、魚介類、牛乳、飼料及び土壌など)
■放射能検査におけるISO/IEC17025認定取得(認定機関:PJLA)
   *民間検査機関として農林水産省の「輸出食品等に対する放射性物質に関する検査の実施機関」注)に指定。




1.総放射能濃度測定(スクリーニング)

 総γ線をカウントできる簡易な方法です。

NaI(TI)シンチレーションサーベイメーターによる試験法

■測定機器: ベクレルモニター LB200 ベルトールド社製
■検出下限値: 25 Bq/kg
■所要日数: 3〜5日
NaI(TI)シンチレーションサーベイメーター



2.放射性ヨウ素 I-131、放射性セシウム Cs-134・Cs-137(精密測定)

 鉛等で遮蔽した環境下でγ線を放出する上記の放射性同位元素を測定します。
γ線スペクトロメトリ

ゲルマニウム(Ge)半導体検出器を用いたγ線スペクトロメトリによる核種分析法





■測定機器: Ge半導体検出器 GEM20P4-70
オルテック社製
■検出下限値: 飲料水、水道水 1 Bq/kg
  乳幼児用食品、牛乳 5 Bq/kg
  一般食品 10 Bq/kg
  土壌、飼料、堆肥関連 10〜20 Bq/kg
■所要日数: 3〜5日
Ge半導体検出器



注)食品衛生法に基づき厚生労働大臣に登録している検査機関、又は国際試験所認定協力機構(ILAC)の多国間承認取決に署名している認定機関から放射能検査に係るISO/IEC17025の認定を受けている検査機関。

※試料採取法、試料の量、採取時の注意及び搬送方法につきましては、弊社担当営業までお問い合わせください。

放射線量の高い試料はお受けできない場合があります。測定の結果、放射能濃度が暫定基準を超えた場合には、試料をご返却いたします。
総放射能濃度測定(スクリーニング)の報告値には、天然核種(自然界に存在)からの値も含まれます。試料、測定条件により検出下限値が異なる場合があります。
ページトップへ

株式会社 江東微生物研究所