環境衛生検査

大気検査

排ガス検査

 人の健康を保護し生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準として「環境基準」が環境基本法において設定されています。この環境基準を達成することを目標に、大気汚染防止法に基づいて様々な規制があり、工場や事業場から排出される大気汚染物質についても、物質の種類ごと、排出施設の種類・規模ごとに排出基準等が定められています。



 排出基準
ばい煙の排出基準は大別すると以下のようなものがあります。

  • 一般排出基準
    ばい煙発生施設ごとに国が定める基準です。


  • 特別排出基準
    大気汚染の深刻な地域において、新設されるばい煙発生施設に適用され、一般排出基準よりも厳しい基準です。(硫黄酸化物、ばいじん)


  • 上乗せ排出基準
    一般排出基準、特別排出基準では大気汚染の防止が不十分な地域において、都道府県が条例によって定めるより厳しい基準です。(ばいじん、有害物質)


  • 総量規制基準
    上記に挙げる施設ごとの基準のみによっては環境基準の確保が困難な地域において、大規模工場に適用される工場ごとの基準です。(硫黄酸化物、窒素酸化物)





 検査項目
ページトップへ

株式会社 江東微生物研究所