病理研究所

検査内容

1. 病理組織検査

生体の一部(病変部)から採取された組織を対象として、主に顕微鏡を用いて、どのような病気であるかを検索することが目的です。
たとえばその病変組織が癌であるかないか、癌であればどのような性質の癌であるか、また癌でない場合はどのような病気であるかを、明らかにします。

 病理組織検査の流れ
患者さんより採取された組織を、まず固定したあと、切り出し、包埋、薄切という過程を経て、スライドガラス上で染色します。
このように作製した標本を、専門的教育を受け、資格をもつ病理専門医が検鏡し報告書を作成します。
このようにして正しい病理組織検査を行うことによってはじめて、その疾患に対応した的確な治療が可能になります。

以下のフローの各項目をクリックすると、説明が表示されます。


受付
切り出し
自動包埋センター
包埋
薄切
染色
診断





ページトップへ

株式会社 江東微生物研究所