個人情報保護方針

 情報化社会の進展の中で個人情報保護の重要性は高まる一方であり、医療をめぐる環境においても、患者の権利を守ることへの社会的要請が強くなっています。
 当社では1957年の創業以来、「病医院の中央検査室としての役割を果たし、地域社会、長寿社会に貢献する」ことを企業理念として、地域医療への貢献に努めてきました。また、長年臨床検査で培った技術を生かして環境衛生検査分野へ業容を広げ、ト−タルに人々の生命、健康に寄与することをめざして、地域に密着したサ−ビスを展開しています。
 人々の生命、健康に携わる者としての責任を自覚し、個人の人格、尊厳を守る上で個人情報保護は最も重要な社会的責務であることを全従業員にあまねく周知徹底し、下記のとおり全社をあげて個人情報保護を推進していくことを宣言します。

  1. 当社における個人情報の定義
    個人に関する情報で、「氏名、年齢、生年月日、住所など特定の個人を識別できるもの」「他の情報と容易に照合でき、特定の個人を識別できるもの」を個人情報と定義します。

  2. 個人情報保護の理念
    お客様からお預かりした個人情報、その他業務上収集した個人情報は、個人の人格尊重の理念のもとに慎重かつ適切に取り扱います。

  3. 法令の遵守
    すべての個人情報の取扱いに際し、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律57号)その他個人情報の保護に関する法令を遵守するとともに、関係省庁等の作成した個人情報保護に関するガイドラインを遵守します。

  4. 検査に関する個人情報の取扱い
    お預かりした個人情報は、委託された目的以外での利用はいたしません。また、第三者に開示、提供いたしません。

  5. 安全管理措置
    個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止、その他、個人情報を安全管理するために必要かつ適切な措置を講じます。

  6. 教育
    個人情報を確実に保護するために、全従業員を対象に適切な教育を実施します。

  7. 継続的改善
    個人情報保護の重要性を全従業員に認識させ、個人情報保護規定を周知徹底するとともに、運用内容を定期的に監査し、継続的見直しと改善をはかります。
2005年3月
株式会社 江東微生物研究所
代表取締役社長 小林 仁
ページトップへ

株式会社 江東微生物研究所