水質検査職

行政機関や企業などから依頼された水や土壌などの安全性や品質の検査・分析を行います。

具体的な検査内容:
飲料水水質検査、レジオネラ属菌の検査、排水水質検査、環境水水質分析、ダイオキシン類分析、簡易専用水道検査、土壌・産業廃棄物検査、大気検査 など
水質検査

社員紹介

環境分析センター 検査部 2013年入社

いわき明星大学 科学技術学部
髙橋美和
Q1担当している業務、現在住んでいる地域のワンポイント紹介を教えて下さい。

環境分析センターでは河川水や排水、水道水、浴槽水、プールなどの水質分析を行っています。私は主に水道水に含まれる陰イオン類の検査を担当しています。検査は告示法に基づいて行っており、日々の検査業務は繰り返しの業務ですがその中にも新しい発見や勉強になることがたくさんあります。大学在学中は機器に触れる機会は少なかったですが、入社後に研修会や講習会を通し知識や技術を学び先輩方の助けもあり水質検査にやりがいを感じています。今後も検査の知識を深め検査員としての資質を高めていきたいです。
環境分析センターのある福島県いわき市は気候がよく、住みやすいですし、親切な方が多くとても良い街です。

Q2江東微生物研究所に入社を決めた理由を教えて下さい。

大学在学中に当社のインターンシップに参加した際、社内、チーム内でのコミュニケーションがよく取れており雰囲気がとてもよく感じました。また分析機器が多く、検査員の技術も高い印象を持ちました。実際にインターンシップで当社を見ることができ、社内の明るい雰囲気がとてもよく感じましたし、多くの機器の使用や技術の習得などで自分の成長につながると思い入社を決めました。

Q3仕事をする上で大切にしていることはなんですか。

水は人が生活するうえで必要不可欠なものです。皆さんが毎日安心して水を使用できるように、迅速に検査を行い、正確なデータを出すことを心がけて日々業務に取り組んでいます。私たちが検査したデータが判断する材料とされ、水質異常の場合には給水停止の可能性や、給水再開になったりと社会に与える影響は大きいと感じます。常に皆さんが安心して水を使用できるように、正確なデータを出すことを心がけ、使命感を持ち日々業務に取り組んでいます。

Q4仕事のやりがいや嬉しかったエピソードを教えて下さい。

普段何気なく使用している水も水質検査をすることで安全であると判断された上で供給されており、その検査に携わっているこの仕事はとてもやりがいも感じます。皆さんが毎日安心して水を使用していただけるように使命感を持ち業務に取り組んでいます。

Q5就職活動をしている学生に向けてメッセージ

就職活動中は大変なことが多いと思いますが、自分を成長させるきっかけにもなります。周りと比較し焦ってしまいがちですが焦らずに多くの企業を見て、自分に合う企業を見つけて下さい。応援しています。

環境分析センター 検査部 2013年入社

東京農業大学 生物産業学部
原一真
Q1担当している業務、現在住んでいる地域のワンポイント紹介を教えて下さい。

環境分析センターでは飲料水や浴槽水、河川水などさまざまな種類の水を検査しています。生活の中で水資源に接しない人はいないと思いますが、私たちは人々が安心して水資源を利用できるよう使命感を持って業務を行っています。その中でも私は飲料水をメインに、濁りや色、味や臭気などの検査を担当しています。
環境分析センターがある福島県いわき市は東北地方に位置しますが、冬場に積雪はほとんどなく過ごしやすい気候です。さらに海にも山にも近く、自然が好きな人には良い環境だと思います。アウトドアが得意でない方には、映画にもなった大型温泉レジャー施設や湯本温泉などゆっくりできる施設もあります。そして最近、気になっているのが福島県の観光ポスターです。「来て」 「呑んで」 「味わって」 「住んで」 「ふくしま」 5種類の写真を使ったポスターが県内に住んでいてもとても魅力を感じます。ご覧になる機会がありましたらぜひ福島県に遊びに来てはいかがでしょうか。

Q2江東微生物研究所に入社を決めた理由を教えて下さい。

臨床検査も環境検査も人の生命・健康を守り、人が生きていく上で重要な検査であることを知り、何気なく生活をしていたら気づかない「当たり前」が多くの人によって支えられているのだと感じました。もともと自然環境に関連した仕事がしたいと漠然と考えていたので水質検査をやってみたいと思いました。また「足らざる点を助け合う、その和が大切」という社訓が自分の考えと合ったのも決め手の一つでした。

Q3仕事をする上で大切にしていることはなんですか。

担当している検査業務は一人の仕事で完結することは少なく、多くは同僚や上司に相談をして検査結果を確認、確定していきます。そのため普段から仕事の話だけではなく、さまざまな話をしてコミュニケーションをとることで、少しでも気になったことは相談できるような関係作りを心がけています。

Q4仕事のやりがいや嬉しかったエピソードを教えて下さい。

日本は水資源に恵まれていて、日々の生活の中で水の安全を気にする人は少ないと思います。そんな水質の安全を検査という形で影ながら支えているというのはやりがいがあります。検査職は目立つ職業ではありませんが、当たり前の生活を何気なく過ごすために日々頑張っています。

Q5就職活動をしている学生に向けてメッセージ

学生時代から夢がある人もいれば、目標がはっきり決まっていない人もいると思います。また焦っていると視野が狭くなりがちです。どのような仕事についても一から学ぶことが多いので、向き不向きを考えず新しいことに挑戦していくことも大切だと思います。自分自身にとって働く上で何が一番大切か、これは譲れないということだけを決めて多くの説明会に参加して下さい。そしてできるだけ多くの会話をして自分の進む道を見つけて下さい。就職活動応援してます。最後に僕の恩師からの言葉「人生に無駄なことは一つもない」で締めたいと思います。